売却の流れ

不動産売却の流れ

不動産売却に必要な手順と大まかな流れをご紹介いたします。

STEP1

売却相談


不動産売却は不安なことばかりだと思います。まずはイエステーション立石にご相談ください。
ご所有の不動産にどのくらいの価値があり、購入希望者はいるのか?
住宅ローンの残りや税金・手数料といったお金のかかる部分はどのくらいで、どうすればいいのか?
お客様のご状況に合わせて1つ1つ丁寧に説明をさせていただき、ご提案いたします。

STEP2

査定依頼


不動産査定は無料です。
不動産売却は不動産会社に依頼して物件がいくらで売れるのか調べます。
売却をお決めになられている方はもちろん住みかえをお考えの方もまずは査定依頼からスタートします。
売却金額の目安を知ることで、次のステップを考えることができます。

無料査定のお申込みはこちら

STEP3

物件の確認・調査・査定


権利上や法令上、問題はないか法務局や役所などで調査を行い現地にて、土地や建物の状況や程度、周辺の環境や施設を確認いたします。
現在の市場調査、売出事例、過去の成約事例、建築法規、権利関係などの調査を基にした査定価格を算出します。

STEP4

媒介契約


査定終了後、売却の意思が固まったら媒介契約を結びます。
価格査定の内容、売却活動の内容について説明を受け、媒介契約書の内容を理解した上で契約しましょう。
媒介契約には下記の3種類あります。
一般媒介
複数の不動産会社に重ねて売却の依頼をすることが出来ます。
専任媒介
媒介を依頼した一社に以外に媒介を重複して依頼することができません。ご自分で見つけた買主の場合は、不動産会社を通さず直接売買契約をする事が可能です。
専属専任媒介
媒介を依頼した一社に以外に媒介を重複して依頼することができません。
ご自分で見つけた買主の場合は、不動産会社を通さず直接売買契約をする事ができず、業者に対し手数料の支払いが必要となります。

STEP5

売却活動


営業担当が売却を実現するためにさまざまな媒体を通して物件を告知し、購入希望者を探します。
問合わせがあった場合は実際の物件を見学してもらいます。
手段として、新聞や折込チラシ、ホームページへの掲載などが挙げられます。

STEP6

営業活動報告


売主様に対して売却活動内容の報告を書面で行います。
・専属専任媒介の場合は1週間に1回以上
・専任媒介契約の場合は2週間に1回以上
・一般媒介契約の場合は2週間に1回以上

イエステーション立石では、定期的な報告が義務付けられていない、一般媒介契約でも、オーナー様へ2週間に1回の営業活動の報告を書面で行います。

STEP7

売買契約の締結


売却物件に買い手がついた場合、購入申込書を取得し、代金の支払・物件の引渡等の詳細を決めます。
内容が決定した後、不動産売買契約を締結します。

STEP8

引越し準備


引渡しと引越しのスケジュール注意が必要です。
買いかえの場合、先に新居に引越してから引渡しを行うのがスムーズです。

STEP9

残代金決済・引渡し


契約に定めた内容で物件の引渡しを行います。物件の状況を改めて確認しましょう。 残代金の受け取り・鍵の引渡しは引渡しと同時です。